環太平洋ガンバ大会 PAN-PACIFIC GAMBA GATHERING
 −ヴィオラ・ダ・ガンバ 世界の楽器−


一般参加者募集要項


(2007.3・1発表のアメリカ・ガンバ協会ウェブサイトの募集要項より抄訳・補足。 会報No.124掲載の内容を一部改訂)


   環太平洋ガンバ大会 − ヴィオラ・ダ・ガンバ 世界の楽器 -
Pan-Pacific Gamba Gathering
ハワイ大学マノア校 ホノルル ハワイ



  2007年7月29日〜8月5日(観光とフリーコンソートは7月29日から、公式日程は7月31日から)で開 催。この大会は、環太平洋ならびに全世界のみなさまとともにガンバを弾き、歴史的な西欧の背景を包括 しつつ、異文化とガンバの結びつきやガンバの未来について語りあう催しです。どなたにも楽しんでいた だけるように、ガンバの“6本の弦”にちなみ、テーマは“6本”だて。私どもの歓迎の“アロハ”をお届 けしたく、みなさまのご参加をお待ちしております。

ガンバを弾く
教授法セッション
ガンバの歴史についての講演  古い、あるいは伝統的なアンダーハンド弓奏楽器のデモンストレー ション
古い楽器のための新しい音楽、とりわけ太平洋周縁地域からの影響を受けた音楽
音楽の饗宴
○ ハワイのさまざまな伝統音楽演奏家
○ 楽器展示と初心者のためのワークショップ
○ コンサート、コンサート、もっとコンサート
ハワイならではの観光ツアーとレクリエーション



1週間の大まかなスケジュール  

7月29日 午後2:00から受付開始


◎早期(公式日程以前)到着の場合のイヴェント(教会コンサート)
・フリー・コンソート、休養、観光 
・ホノルル第一ルター派教会における当大会参加者が加わるコンサート
7月29日(日)夜 ブクステフーデ:夕べの祈り
7月30日(日)夜 ヴィオルと声楽のための音楽 ローズ・コンソートほかハワイの音楽家の皆さん
_

◎公式イヴェント (3月末に決定)
  演奏(レッスン、マスター・クラス、コンソートおよびソロ、体験クラス、個人レッスン、フリー・コンソ ート)、講演、デモンストレーション、パネルディスカッション、製作家の会議、作曲家の会議、お国自 慢演奏、販売と展示(作品展示、試奏、レンタル・・・オーグル製ガンバなど)、グローバル・ヴィレッジ集 会(世界の楽器としてのガンバの発展を今後どう支えていくか)、パーティー、公開演奏会、その他 


◎スケジュール表

日7/29,月7/30 火 7/31 水 8/1〜金8/3 土 8/4 日8/5
  フリー・コンソート
観光








7:00-9:00朝食 7:00-9:00朝食 ブランチ
9:00-10:00講演、パネル・ディスカッション 9:00-10:00講演、パネル・ディスカッション 11:00
チェックアウト

































10:00-10:30休憩 10:00-10:30休憩
10:30-12:00
コンソート・レッスン、体験クラス、技術セッション 
10:30-12:00
コンソート・レッスン、体験クラス、技術セッション 
ハワイ大学寮開寮29日2:00より受付開始、

食事可、観光フリー・コンソート






















公式日程はここから1:00展示場開場


12:00-2:00 昼食 12:00-2:00 昼食
2:00-2:45対話セッション、デモンストレーション、午前の続き等 2:00-3:30参加者総会(グローバル・ヴィレッジ集会)会計報告、この会の今後について等を話し合う 世界におけるガンバの発展をどうサポートしていくのかなど_
















_





3:00-4:30教育セッション、マスタークラス、公開リハ―サル、フリー・コンソート 
4:00 レセプション
4:30-5:30展示 他


5:30-7:30夕食(教会 コンサート) 5:30-7:30夕食 5:30-7:30夕食

5:30 パーティー、演奏会、宴会

 

7:30-9:00演奏会 7:30-9:00演奏会
9:30バータイム
9:30バータイム
9:30バータイム

* 公用語は英語ですが通訳(有料)も依頼可。* 楽器の貸し出しもあり。(下記特別プログラム参照)


◎参加予定の演奏家、講演者  (変更されることがあります
グループ:ローズ・コンソート(英)、神戸愉樹美ヴィオラ・ダ・ガンバ合奏団(日)、レ・ボワ・ユメーヌ(加)、 バックギャモン・ガンバ(豪)、メリーコンサイト−アメリカンシート、ザ・ニュー・へスペルス・コンソー ト、P.ハリファックスとJ.ジェフリー(米) 個人:C.マインツ(米)、I.アジズ、S.ング(マレーシア) そ の他:M.モリス(豪)、B.ツコビッツ(加)、加納マリ(日)、宍戸俊子(スイス)、P.サセックス、M.コリ ンズ(ニュージーランド)、B.ベリンガム、S.ミード、F.ラインゲル、Ph.セルナ、ハワイに縁のある教授陣と演 奏家(米)

  日本からの研究発表演目は、加納マリ「日本の胡弓」、神戸愉樹美「日本のガンバ史−江戸から今日まで −」、宍戸俊子「パルドゥシュについて」


◎提案されている演奏会    (変更されることがあります)
I.アジズ(マレーシア/英):“Les gouts etrangers”
C.マインツ W.ウィギンズ(米):ティールケ(1680年 製)のガンバでJ.S.Bachのソナタ
コンヴィヴォ(オーストラリア):ガンバ・デュオ
メリーコンサイト−ア メリカンシート(米):米国の作曲家による作品、および米国の編集者による版を用いて、ガンバ黄金時 代の作品
モリス・サセックス(英):ルポからフォルクレにいたる三重奏
S.ング(マレーシア):初期の 無伴奏ソロおよび/またはフュージョン
ザ・ニュー・へスペルス・コンソート(米):ルネサンス期のさま ざまな音楽 記譜されたものおよび即興によるもの
ローズ・コンソート(英):1.イザベラデステの宮 廷音楽 1490年代の復元楽器を用いて2.タイ、タリス、バード、トムキンズによる音楽
レ・ボワ・ユメ ーヌ(加):サント・コロンブとマレ
神戸愉樹美ヴィオラ・ダ・ガンバ合奏団(日):ガンバのための古楽 と現代音楽 人気投票によるリクエスト演奏会
ハワイ関係の演奏家:東洋?の古楽、ガンバで演奏され るかも


◎特別プログラム
 ・ 体験クラス ハワイの方、および、ガンバを弾かない参加者(ペア登録のパートナーの方やご家族 の方など)向けの無料体験クラス。“一時間でダウランドを弾く!”先生はアリソン・クラムほか。

 ・ 販売、展示 楽器、弓その他の製作家や販売業者は大会期間中展示が行えます。楽器のメンテナン スや試奏への協力お願いいたします。展示に要する費用等については英語ページのPPGG administration へお問い合わせください。展示参加者も、申し込みフォームから宿泊などに関する 登録を6月15日までにお願いいたします。

 ・ 楽器貸し出し 数は限られていますが、チャーリー・オーグル氏から借りることができます。希望者は直接お問い合わせください。問い合わせ先:メール  電話 +1 541 683 450   ファクス +1 541 683 4492.

★現地連絡先(英語):

Esha Neogy  PanPacificViols@prodigy.net (PPGGスタッフ)  
1019 Maunaihi Place #205 Honolulu, HI96822-3406 U.S.A.
ハワイ大学  ハワイ観光局



◎ 参加費: *下記1,2にはいずれも返金されない$50のデポジットを含みます
・1 シングル   一週間フル参加  $250
・2 ペア     ガンバを弾く参加者と弾かないパートナーのペア 一週間 $350  

・5月15日以降の申し込み      $25(お一人)が追加されます 
・一日登録 など  一日 $50、 パーティー(8/4)$40、 レセプション(7/31)$20

注意 

  1,2いずれにもレセプションとバンケットが含まれています。
  1にはすべてのイヴェントとガンバを弾くあらゆるチャンスが含まれます。_
  2は、フル参加お2人のペア割引ではありません。お一人は1 と同じで、パートナーには、ガンバを弾いて参加する部分のみが除外されています(無料体験クラスには 参加可)。

  コスト削減のためハワイ大学マノア校の一ブロックをPPGGで一週間借り切ることになりました(会期 前後の宿泊もご希望の方はハワイ大学と直接交渉いただくことになりました)。宿泊の管理と支払いを請 け負いますので、参加費も宿泊料もVdGSAにお支払いいただきます。設備は基本的なもののみですが、 食事はすべて含まれます。_

  より豪華で設備の整った、あるいは自由な宿泊をご希望の方は、ワイキキには 数多くのホテルがございますので、そちらでのご宿泊をお勧めいたします。キャンパスはワイキキからそ れほど離れておりませんので、バスやタクシーをご利用ください。
  レンタカーをご利用の場合、キャンパスの駐車許可証は一日$3です。

  宿泊のお部屋はすべて4人部屋のスイートで、ベッドルーム2、バスルーム、リビングルーム、キッチン から成ります。ベッドルームはツインですが、お一人でもお二人でもご利用できます。
  ツインでご利用の際のルームメートのご希望があれば、申し込みの際にお名前を明記してください。スイート全部を希望するメンバーでシェアしたい場合も同様です。 また、ルームメートをこちらにお任せいただく場合は‘Please assign me a roommate’にチェックをお願いいたします。



◎宿泊費   
宿泊は7月29日〜8月5日 の7泊 食事はウイークデーの3食および 週末のブランチと夕食 7/29日(日)夕食から8/5(日)のブランチまでが含まれます。  8/4 夕食はケイタリングでパーティーとなります。

費用は次の通り
ベッドルームを   シングル(一室お一人で)利用 + 食事   $375
ツイン(一室お2人で)利用  + 食事   $250

7月29日着 8月5日発 以外の到着、出発ご予定の方はお届けください。滞在が一週間に満たない 場合、かつ6月15日以前にお申し出の場合に限り、宿泊費の割引が可能です。


◎申し込み(英語):
米国ガンバ協会ウエブサイト より オンライン直接申し込み(Resister on-line!をクリックすると申し込みフォームがでます)

または PDF書式の申込書をダウンロードして郵送で申し込み (this symposium brochure をクリックするとPDFがでます)

宛先 Ken Perlow 131 S.Humphery Av.,Oak Park IL. 60302 U.S.A.

* 6月15日金曜までにキャンセルされた場合はデポジットの$50を除く全額を返金いたします。
* 5月15日までに最小参加者数に満たなければ、催しそのものが中止となる可能性があります。
 その場合はお支払いいただいた全額を返金いたします。
* 6月15日以降のキャンセルについては、返金額の保証はできません。ただしハワイ大学との契約が許す 限りで最善の努力をいたします。

★詳細(英文)はVdGSAのwebへ。本文とVdGSAのwebが異なる場合はVdGSAのwebが優先します。

(3月1日にVdGSAのwebへ掲載された英文要項より抄訳 JPPGG 橋都みどり)


                             

◎問い合わせ(日本語) :

JPPGG事務局  (2007/7/29まで有効)

★PDFのダウンロードが出来ない方は、80円切手を貼って送付先を書いた封筒を同封して申し込んでください。
  → JPPGG事務局 〒236-0057横浜市能見台5-61-1,401

★航空券の手配など、ご相談に乗ります。3月10日現在
 成田―ホノルル便は15万円弱(諸経費含む) からあります。しかしこの時期はハイシーズン、早めの手配をお勧めします。
★ 31日発便でも開会には間に合います。 小澤絵里子


フッタロゴ